スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシック

またちょくちょくCSOやってます

ちょっとずつ当たるようにはなってきたので、そのうちクラン戦もやりたいなあ

ただ前回入ったクランでごたごたが起こったこともあるので

①すぐ怒る人(男女問わず)
②あまりに自己中な人

がいるクランにはもう入りたくないですね

『年齢』じゃなくて『精神年齢』が低い人が居ないクランに入りたいもんです


こっからは前回の記事の続きで、レーシック手術に関して簡単に書いてみようと思います

まず手術の費用に関してなんですが、だいたい両目で8万~35万(生命保険未加入の場合)くらいですかね。

病院によって多少異なりますが、最新式の機械を使った手術を受けようとすれば30万程度はかかってしまうと思います。

簡単に説明すると、旧式の機械よりも新型の機械で手術を受けたほうが目に対する負担が少なかったり、手術の安全性が増します。

とはいってもよくよく説明を受けてみると、その差は若干の差でしかないので、そこに20万以上のお金をつぎ込む気にはなりませんでした。

というわけでボクが受けたのは旧型の機械による15万の手術でした。

ちなみに生命保険に加入していれば、3~10万ほど費用が安くなる可能性があるようです。
※健康保険の適用はないのでご注意ください。


手術の数日前には事前検診(無料)があって、レーシック手術を受けることができるかどうか、目に以上はないか、視力、眼圧などはいくつか、角膜の厚さはどのくらいか、などの検査を2~3時間行います。

検査で異常がなければいよいよ手術です。

当日は麻酔の目薬を差し、手術を行います。

眼にフラップを作成→レーザーで角膜を削る→終了

おそらくこの間5分くらいだと思います。

レーザーで角膜を削る作業は片目10秒弱、痛みは全く感じず、緑色の光がチカチカ光って見えるだけです。

フラップの作成時も全く痛みは感じません。

一応フラップに関する説明をあるサイトから抜粋しました。

【レーシックの手術をするときは、必ず「フラップ」と呼ばれる、円形状のふたを作ります。 このフラップは、「マイクロケラトーム」で、角膜の表面を薄く切ったもので、 もともと患者さんの、角膜の一部です。

実際にレーシック手術をするときは、フラップを角膜から完全に切り離さずに、一部を残しておき、 そこをヒンジがわりにして、角膜本体からめくります。

そのめくった角膜部分(正確には、角膜実質層)に「エキシマレーザー」を照射して、 視力を向上させるのがレーシックです。】


手術が終わったら30分ほど安静にした後帰宅できます。

当日は髪や顔を洗うこと、飲酒、車の運転、運動などはできません。
(ちなみにタバコは吸えるみたいです

ジョギング等の運動は手術後一週間はできませんので、力仕事関係の方はご注意ください。

3種類の目薬を翌日の検診まで1時間おきに差します。(検診後は目薬が無くなるまで1日5回)

んで翌日の検診の時には視力が0.09~1.5まで上がってました

今でも特に眼に異常や不具合はありません。

だいたいこんな感じですかね、ある程度ざっくりとしたイメージはつかんでもらえたでしょうか。

もし実際に手術を受けるつもりがあるのであれば、いくつか病院のホームページを覗いて詳しい説明を見ることをお勧めします。

ちなみにボクは『品川近視クリニック』というところで手術を受けました。

理由は比較的費用が安いことと、症例数の多さです。

確か年齢制限(18歳以上だったかな?)があったと思いますが、近々手術を受ける場合、もしくは将来的に受ける場合の参考になってくれたら嬉しいです


それじゃあ今日はこのへんで(´・ω・`*)ノシ バィバィ












スポンサーサイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。